定住者ビザ

定住者ビザ:連れ子

いわゆる連れ子のお子様も定住者ビザが許可される可能性があり、アルファ

サポート行政事務所でも多くのご依頼をいただく案件です。

しかしながら、母国に実親がいらっしゃる場合には、外国である日本におい

て日本人または日本人の配偶者に扶養される必要性を立証しなければならず、

これに失敗すると不許可になりますので、かなり神経を使う申請となります。

定住者ビザの対象:日本人、一定の外国人、あるいはこれらの者の配偶者の扶養を受ける未成年で未婚の実子

日本人や日本人の配偶者扶養する未成年で未婚の実子は、定住者告示により

在留資格「定住者」が許可される可能性があります。

連れ子本国に実親がいる場合には慎重な申請が必要です。なぜ血のつながっ

た実親に育てられるのではなく、外国で日本人と同居して育てられる必要があ

るのかを説得的に立証する必要があります。

連れ子と扶養者の関係性、連れ子と扶養者の金銭面での関係(これまでも金銭

的に援助をしてきた事実)、入国後の連れ子の扶養計画の内容が問われますの

で、例えば過去の写真送金の記録などの立証資料を用意することとなります。